脱毛はホルモンバランスの乱れで起きるの?

男性ホルモンが多いと脱毛が起きる?

男性の場合、脱毛の原因として多いのが男性型脱毛症(AGA)です。AGAの原因となるのはジヒドロテストステロンと呼ばれる成分。この成分には、毛根の働きを妨げる効果があります。毛根の働きが悪くなると、毛は十分成長できなくなってしまうので、すぐに抜けやすくなるのです。そしてこの成分は、男性ホルモンの一種であるテストステロンと酵素が結びつくことで発生します。この酵素は、頭頂部や側頭部に多く存在しています。そのため、AGAの症状は頭頂部や側頭部から生じやすいです。

女性ホルモンのバランスが崩れると脱毛が?

女性の場合、女性ホルモンのバランスが崩れると脱毛につながりやすくなります。女性ホルモンには髪の毛の成長を助ける効果があります。加齢や生活習慣の乱れなどで女性ホルモンの分泌量が減ると、髪の毛の成長が弱まり、髪の毛が抜けやすくなるのです。

女性が特に気をつけたい、産後の脱毛

女性ホルモンによる影響を特に受けやすいのは、産後です。妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されます。けれども、出産すると女性ホルモンの分泌量は急激に低下、妊娠前の分泌量に戻ります。これまで髪の毛の成長を助けていた女性ホルモンの量が出産と共に急激に減少するため、産後脱毛が多く見られるようになります。ただし、産後の脱毛の場合は、身体が適応することで落ち着きます。もし産後1年経過しても脱毛が見られる場合は、ストレス等別の原因も考えられるので、その場合は専門家に相談することをおすすめします。

ホルモンバランスを整えて脱毛改善

男性の場合も女性の場合も、ホルモンバランスが乱れると髪の毛の成長速度が弱まり、脱毛が起こりやすくなります。改善のためには生活習慣を整えるなどして、ホルモンバランスを整えることが重要です。

体の各所を個別に脱毛するよりも、全身脱毛してしまう方が、面倒なく体全体をきれいな肌にすることができます。