歯科には早めに行こう!歯を残すことの大切さ

歯科医院にはすぐ行こう

虫歯になった時や詰めていたものが取れた時は、早めに歯科医院に行って治療することが大切です。わかってはいても、痛みがない場合や仕事が忙しいなどで時間がない場合はどうしても対応が遅れがちです。でも、その遅れがやがて健康や歯科治療費に大きく違いをもたらすとすればどうでしょうか?ちょっとの油断からくる治療の先送りのせいで、あとから高い代償を払うことになるかもしれません。

歯根があることの大切さ

虫歯の程度は色々ですが、治療が決定的に変わってくるのは歯根が無事かどうかです。歯根が残っていればそこを支えに銀歯やセラミックなどのかぶせを作りはめ込むことで「自分の歯」で噛むことができます。しかし歯根までなくなると前後の歯に金属を渡し「ブリッジ」と呼ばれる橋を渡しますので歯と歯の間に隙間ができます。そうすると他の歯列が動くのでかみ合わせなどに影響がでます。それが体調不良などにつながりやすいのです。またブリッジは浮いていますので歯肉との隙間ができやすく、食べたものがたまりやすいため丁寧なブラッシングをしないと歯肉炎や口臭が起きやすいのです。

痛みがないうちに治療しよう

歯科医院での治療は大人でもちょっと気が引けるものです。しかし痛みがないうちであれば治療も早いですし費用もかかりません。定期検診に通っておけば、その時に見つかる虫歯はそこまで進行していないので治療もすぐ終わります。年を取ると歯肉が落ちてきて歯の安定性が下がるので、自分の歯で噛むことができる大切さは年齢が進めば進むほど実感されるものでしょう。その時に後悔しないために早め早めの受診を心がけておきたいものですね。

根管治療は虫歯の根元の神経を麻酔を使って取り除く治療法で、神経がなくなるので痛みもなくなります。神経を抜いた直後は痛みますが、徐々に痛みはなくなっていきます。