歯列矯正はどんなことをするの?詳しく知ろう!

歯列矯正の具体的な方法は?

歯並びを良くしたいけど時間や費用に不安を持つ人は多いです。矯正にはいくつか種類があり、費用も様々です。最近は大人になってから矯正をする人が増えて、見た目を気にする人も多いです。歯列矯正は歯の表面に装置を付けることが一般的ですが、最近では装置の色を変えたり、歯の裏側に装置を付ける裏側矯正という方法もあります。矯正の期間は短くて1年半、長い人では5年くらいかかる場合もあります。歯の表面に付ける装置の方が裏側矯正より早く治療が進むため矯正期間も短くなっています。また実際に矯正装置を付けているのは矯正をしている期間の半分くらいです。矯正では数年間の我慢はやはり必要ですが、矯正を早く終わらせたいのであれば歯の表面に装置を付ける方が良いのではないでしょうか?

歯列矯正にかかる費用は?

歯列矯正を行う前の大きな悩みとして費用の問題があります。数十年前までは多額の費用がかかっていた歯列矯正ですが、歯並びの状態にもよりますが、今では以前より安く矯正ができます。主に歯列矯正には歯列矯正前の治療代、歯列矯正代と月のメンテナンス代の3つがかかります。歯列矯正前の治療代は矯正前の抜歯や虫歯治療にかかる費用です。歯列矯正代は装置の装着や調整にかかる費用です。月のメンテナンス代は歯列矯正中の通院での装着調整に必要な費用です。これらを合わせると大体60~90万円の間で治療が可能です。この装置の調整を繰り返しながら矯正は進みます。十分に歯が動いたら装置を外しリテーナーというマウスピースに変更します。歯列矯正は見た目も大きく変わるため勇気が必要ですが、歯は一生大切にしたいものです。この記事を参考に前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

出っ歯の矯正をすることで、歯が正常な位置になるだけじゃなく顔も変わります。顔は人に印象を多く与えるので、人生すら変わる可能性も秘めています。