薄毛の人を助けてくれる育毛剤!具体的にどんな変化があるの?

使いやすくて入手しやすい育毛剤

AGAを発症していない人でも、毎日数十本は髪の毛が抜け落ちるものです。でも、起床時に枕元に髪の毛がどっさり抜け落ちていたり、髪の毛が細いまま抜け落ちてしまう時には要注意!AGAになっている可能性があります。多少の薄毛なら大丈夫だろうと高をくくっていると、あっという間に生え際が後退しているかもしれませんよ!専門的なクリニックで血液検査をして原因を突き止めてからAGAの治療をした方がいいですが、保険の適用外なので経済的に苦しい人も多いでしょう。予算がそこまでかからない方法で薄毛のケアをしたいなら、育毛剤を使うという方法がありますよ。

皮脂からホルモンまでしっかり対策

育毛剤が髪の毛にはいい!ということを理解していても、具体的にどんな役目があるかよくわからないという人もいるのでは?AGAの人の髪の毛が正常な発毛サイクルの流れを無視してどんどん抜けていくのは、男性ホルモンの一種のジヒドロテストステロンのせいなんです。このホルモンを体内で作り出す酵素である5αリダクターゼの働きを弱めることが薄毛対策をする上でも大事なんですよね。育毛剤には5αリダクターゼ対策として、ノコギリヤシやミカンのエキスが配合されています。髪の毛の材料はケラチンというたんぱく質ですが、いくらアミノ酸などを食事から補っても、頭部まで血液に乗って届けられなくては栄養不足に陥ってしまいますよね。そこで、育毛剤は頭部の血管を拡張させるために、センブリエキスなどを加えるようにしているのです。皮脂の分泌量を減らしたい時には、育毛剤の甘草エキスやビタミンB6などが役立ちます。

育毛剤の女性用は男性用と異なり、女性ホルモンの働きを正常化させる成分が含まれています。また、ミノキシジルという成分が女性用には少なくなっています。