肩のこわばりは万病のもと?肩こりのメカニズムを学んで予防に努めよう!

肩こりを患う原因と体への影響

肩こりは肩の筋肉がこわばり、血管が圧迫されて血行が悪くなった状態を指します。肩こりになると患部に締め付けられるような痛みが発生し、手や首を動かすのが困難になることもあります。その一方で肩こりの状態になっていながら痛みを感じないケースもありますが、血管が圧迫されていることには変わりないので、そのまま放置すると重篤化する恐れがあるので注意が必要です。

肩こりは年齢や性別に関係無く誰でも見舞われる体調不良ですが、特に筋肉組織が衰えている中高年層の人ほど肩に不具合が生じやすい傾向があります。急激な運動や荷物の持ち運びなど、肩に大きな負担をかけると筋肉がこわばるリスクが増大します。また、同じ姿勢のまま長時間過ごす行為も肩への負担が大きいので、気づかない内に肩こりになっていることがあります。肩こりは血行を悪くするので全身の冷えや神経痛などの原因になる他、慢性的な痛みから睡眠不足やストレスの蓄積に繋がってしまいます。

肩こりを速やかに治すための病院選び

肩こりの状態になった場合、市販の湿布薬を使うことで一時的に痛みを緩和させることが出来ます。しかし、肩こりの解消にはこわばった筋肉の状態を改善させる必要があるので、完治させるためには医療機関での治療が不可欠です。筋肉の緊張を緩和させる薬剤を注入することで強い痛みを解消させることが出来ますが、効果が切れると再び痛みが発生するので体調を改善させる治療を根気強く続けることを心がけます。肩こりを安全に治すためには血流や筋肉組織の改善方法に詳しい医師がいる医療機関を選ぶのが最良の方法です。

肩こり 注射は痛みの発生点をエコーで診断し、生理食塩水を注射して筋膜の癒着を剥がす治療のことを言います。一度に複数箇所注射でき、その場で効果を実感できるのが特徴です。